幸福の科学大学

2014年11月12日

年内解散総選挙、幸福実現党を完全無視?

政界が一気に慌ただしくなってきました。

全国紙が口裏を合わせたように
年内に解散総選挙 を掲載しています。


幸福の科学は10月末に
幸福の科学大学不認可の決定を受け
信者の間では失望感が広がっていることでしょう。


ここで選挙となっても
幸福実現党の選挙運動に
信者がどこまで注力することができるか・・・。


もしかしたら、
「反撃の時は今!」
とばかりに煽られるかもしれませんが、
安倍首相が
「消費税の先延ばし」
を掲げて戦うなら 幸福実現党も表立って反対はできないでしょうし。

そこに
「先延ばしではなく中止を!」
といってみたところで
負け犬の遠吠えにしか聞こえません。


幸福実現党依りのみかたをすれば、
自公民が
「今なら幸福実現党もまともに動けまい」
と思って動いたともとれますが
まぁ現実味がない考えの気もします。


年内に選挙なら、
幸福実現党に入れていた数少ない人の票が
自民党に流れるくらいではないでしょうか。


幸福の科学は大学にお金を使っていますから
幸福実現党の選挙資金もどこまであるのか不明です。


ただ、大川隆法総裁のことですから、
年内解散はとっくに
安倍首相の守護霊から 聞いているはずなので
きっと対策は されていることでしょう。

しかし、大学の問題と政治活動の
ダブルで活動するには
あまりにも教団のパワーがなさすぎる気がしますが
大丈夫でしょうか。


 

w5wylmrr at 08:46|Permalink

みんなからの評判・口コミ