大川隆法

2016年08月25日

幸福の科学が広がらないのは、この世的なメリットがなさ過ぎるからかも?

幸福の科学に対するモヤモヤの一つに、

困ったときにあてにならない!

 
ということが挙げられるのではないでしょうか?

例えば、

転職したいので仕事を紹介してほしい!
いい病院を紹介してほしい!
市営住宅に入れるように融通をきかせて欲しい!
など・・・。

このようなこの世の現実的な悩みについて、
現在の幸福の科学ではほとんど無力です。

『智顗の新霊言』の中でも、活動の限界という話がありました。


上記のようなこの世的な問題は、創価学会ならすぐに解決してくれそうです。
共産党でもそうかもしれません。

宗教である幸福の科学は、現実的な悩みの話をすると、

「~祈願をおすすめします」

という話になる。


祈願がしたいんじゃないんです!

数万円もする祈願をしたって、問題の解決率は1割もないと思います。
奇跡が起きるにも信仰心や使命などもろもろ条件があるようですし・・・。

そんなのではなくて、さほど信仰心もないけれど、
今困っている。何とか助けて欲しい!

そいうとき限って幸福の科学は
「自助努力です!」
「人生は修行ですから」
「他力(祈願)を信じましょう」
とトンチンカンなことをいってくるのが非常に残念です。

大川隆法総裁のご法話にも、
具体的な悩みの解決法のようなものが少ないのも原因かもしれません。

『生命の法』の2章に、「自殺を防止するためには」という話がありますが、
その内容が、自殺したくなったら病院に行って病人を見る、墓地に行ってみるです。

こんなのまったく効果を感じられません。
病人をみても、「こんなに辛い状況でなぜ自殺しないのだろう」と思います。
そこまでして生きている魅力が人生にあるとは思えません。

閑話休題。

まぁ、幸福の科学が自立した人の集まりって感じでしょうか?
他人に頼るような人は信仰心が足りないと切られそうです。

幸福実現党の票が伸びないのも同様だと思います。
厳しい内容(正論)ばかりで、目先のメリットが何も感じられないでしょうから・・・。

困ったときのために創価学会に入っておこうか?
とすら考える今日このごろです。













 

w5wylmrr at 23:21|Permalink

2013年11月05日

大川総裁の読書力 のまともな書評が皆無な件



『大川総裁の読書力』。
ブロガーの皆さんはガン無視です。 

書評ブロガーといわれる人が大勢いらっしゃいます。
私もいくつかブログを読んでいます。

書評ブログを書くくらいだからみなさん本が大好き。
当然の如く、読書法に関する本には目がありません。

しかし、この大川総裁の読書力 (OR books) についての書評は皆無です。

もちろん信者はブログで紹介しています。
それは提灯記事ばかりで、まともに書評しているひとはいません。

この本の出版のきっかけとなったWILLの花田編集長も無視です。
守護霊の霊言を出されたのがよほど気に入らないのかも知れません。

いずれにしろこの本を読んでも凡人にはあまり参考にならない気がします。
大川隆法総裁という超人の読書法を知ることができる楽しい本には違いありません。


「ブッダでもここまで努力しているから私たちもがんばらなければ」
なのか、
「仏陀なのにこんなに努力しないとわからないの?」
という考えの板挟みになりそうです。

これが新しい時代の覚者のスタイルですと言われればそれまでですが・・・。




 

w5wylmrr at 10:30|Permalink

2013年11月04日

「WiLL」花田編集長守護霊による「守護霊とは何か」講義 : 読む時間も惜しいですって

「WiLL」花田編集長守護霊による「守護霊とは何か」講義

どうも思惑が外れたようです。 

 花田編集長は依然として

「霊言をやめろ!」 

 
との考え変わらず。




⇒  花田編集長の動画

完全に霊言をバカにしていますね。


「幸福の科学の講演会に何度か行ったけどマスコミ席はガラガラ。誰も来てない」 

「招待席ってのがあるんだけど話を聞いてると取引業者が付き合いで来てるだけだから総裁の話なんか聞いてない」

「頭のいい人がなんであんなの信じるんだろう」

などなど。

今回紹介したのとは別の動画でも霊言を斬りまくっています。


幸福の科学の職員の方々は「幸福の科学の影響力は凄いです!」とか、
「霊言された本人が一番びっくりします」ということですが、
 花田編集長に関してはまったく当てはまらないようです。

逆に、霊言は嘘 というイメージが広がりましたね。


そういえば渡部昇一さんの守護霊霊言見たご本人も肯定 しなかったとか・・・。

 

w5wylmrr at 09:45|Permalink

2013年09月12日

マザー・テレサの霊言は突っ込みが甘いのではないのあ?

苫米地英人氏の著書に『宗教の秘密』があります。

プロローグがいきなり、

「マザー・テレサはなぜ、神を信じられなくなったか」 

と書いて有ります。 


私は目を疑いましたが2007年に発売された
マザー・テレサの著書『Come Be My Light』 に書いてあるそうです。

その中にマザー・テレサの手紙載っているそうです。

「私の信仰はいったいこどこへ消えたのか。心の奥底には何もなくむなしさと闇しか見えない。神よ、どうしようもない痛みがどれだけつらいことか」

「 神が存在しないのであれば、魂の存在はあり得ない。もし魂が真実でないとすれば、イエス、あなたも真実ではない」

驚きますよね。
マザー・テレサの信仰がそんなに揺れていたなんて・・・。


な・の・で 


今回の『マザー・テレサの宗教観を伝える』には期待していました。
先述の手紙の内容について誰か質問してくれると思っていたので。

ところが生前信仰が揺れていたという話はまったくありませんでした。


石川 「生前は、イエス・キリストをとても強く信じていらっしゃったと思います。」

マザー・テレサ 「そうです。」


と答えています。
いったいどちらが真実なのでしょうか。


 『景山民夫が見たアナザーワールド』では、
景山民夫さんが

「マザー・テレサには自由に会えるよ」 

と語っていました。

この発言の裏も取って欲しかった。

百歩譲ればこれは海外のキリスト教徒の布教に使うつもりで
日本人作家のことは出さなかったのかもしれませんが・・・。


大川紫央 さんにおかれましては、
もう少し実のある質問をして欲しかったとも思いませんか。

もしかしたら『繁栄の法』に書いてあったことの再確認を
マザー・テレサ本人にしたのかもしれませんね。


マザー・テレサが死後すぐには4次元に帰ったというのは
もしかしたら信仰を失っていたからではないかというのは勘ぐり過ぎでしょうか?


仏陀再誕の中の下記の言葉を思い出しました。
自戒としたいと思います。
たとえ、九十九年の人生を信仰に生きても、
最後の一年において、間違いたる唯物論者となって生きたならば、
その者、必ずやまた地獄に堕ちん。
                         ~《仏陀再誕》より~


w5wylmrr at 22:16|Permalink

2013年07月05日

大川隆法総裁、斎藤一人さん、そして心屋仁之助さん

幸福の科学に入会して20年以上経った。

熱心な頃には、日帰りの研修会や泊まりがけの研修会に参加した。

資格セミナーも受けていた。

毎日、正心法語も読んでいたこともある。


しかし、私の周りでびっくりするようなことは何も起きなかった。






カウンセラーの心屋仁之助さんを知って2年弱。

きっかけはザ・リバティにインタビューが載っていたことだった。

・損してもいい

・どうせ愛されてるし

等の魔法の言葉といわれるフレーズが
テレビの『解決 ナイナイアンサー』に出演をきっかけに大ブレイク。


書店には心屋仁之助コーナーがどんどんできている。
もちろん、大川隆法総裁の書籍が売っていない店でも
心屋仁之助(ぢんさん)の書籍は売っているし、売れている。


信じられなくてもやってみればわかる。
そう言われてやってみた。


奇跡というほどではないけれど、
結果にびっくりするようなことが立て続けに起きた。


20年信じた大川隆法総裁は何も起きず、
2年足らずで実は反感を持っているぢんさんは決意してつぶやけば
「なにこれ?」という結果が出た。

「信じよ! 100%の信仰が必要!」などとは言わない。



そういえば、あの斎藤一人さんも、
「変な話だから信じなくてもいいです」
と枕詞のように言ってからスピリチュアルな話をする。


心屋仁之助さんも、斎藤一人さんも宗教をあまり肯定的に見ていないようだ。
私も近頃は、人を救うのに宗教である必要はないのではないかと思い始めた。

宗教でなければいけないという決定打が見つけれずにいる。



w5wylmrr at 17:26|Permalink

みんなからの評判・口コミ