リストラ

2011年08月27日

不況に打ち克つ仕事法

『不況に打ち克つ仕事法』

幸福の科学の大川隆法総裁による久々のビジネス書。

・まえがき 
人間学と採算学を学びつくすのだ。
 採算学?
 初めて聞く言葉です。
 

・「付加価値の創造」が組織の存在意義 
「一人ひとりがバラバラに働くだけのほうがよいのであれば、組織は要らない」ということです。p.22
 付加価値の創造ってどういうことだろうと思いますが、
 組織に属することにより、一人で働いているよりは多くの価値を創造するということのようです。




w5wylmrr at 09:00|Permalink

みんなからの評判・口コミ