話すチカラをつくる本 山田ズーニー週刊文春とベルゼベフの熱すぎる関係 もう書籍化ですか?

2012年02月26日

幸福力 斎藤一人 を読みなおしてさいとう

机の棚に乗っていたので、
何気に取ってパラパラと見てみる。

いいことが書いてあるぅ~。

働くことの本質
人から喜ばれる存在になる。
人から喜ばれれば、人間というのは幸せになる。
仕事がおもしろくないということは、その場で喜ばれていない。

まったく、斎藤一人さんのおっしゃる通りです。

過去の数少ない楽しかった仕事の記憶。
そのときは、誰かが喜んでいてくれてた気がします。



w5wylmrr at 21:04│ 斎藤一人 | 古本
話すチカラをつくる本 山田ズーニー週刊文春とベルゼベフの熱すぎる関係 もう書籍化ですか?

みんなからの評判・口コミ