「やる気」が出るコツ、続くコツ―わかっているけど動けないあなたへ書くだけで人生が変わる嫌なことノート

2011年06月25日

『竜の棺』と『宇宙人リーディング』

幸福の科学で行われている『宇宙人リーディング』。

DVDは1,2枚しか拝聴していない。

なんでか。

退屈だったから。


中古で本が安くなっているのを見つけたので買って読んでみた。


なんとびっくり。面白かった!


御法話は、衛星中継、DVDに関わらず途中で寝てしまう。

なので自分のペースで読める本はありがたい。

「こんなこと言うてたんか」

とびっくり。


宇宙人リーディングを読めば読むほど思い出す本がある。

2,3回は読み返していると思います。

4062754649竜の柩(1) (講談社文庫)
高橋 克彦
講談社 2006-07-15

by G-Tools


龍神伝説を追うために津軽、信濃、出雲と列島縦断して調査を進める九鬼虹人(くきこうじん)たちアクト・ナインのメンバー。『古事記』『日本書紀』や風土記に残る寓話や神話を読み解く九鬼は、独自の論理的考察で、仮説を実証し真実に辿り着く。龍=ロケット、神=エイリアン。著者にしか辿り着けない圧倒的スケールの傑作。 ~アマゾンの解説より~
この小説には2種類の神が出てくる。

その神々は対立している。

その神の姿は…。


w5wylmrr at 09:30│Comments(2)TrackBack(0) 竜の棺 | 高橋克彦

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たこなぐり   2013年05月08日 05:45
ご存じかどうかわかりませんが。
竜の柩は著者も何ものかに書かされている感じで。
「何度読んでもストーリーが覚えられない。書き始めるときは、毎回、前の部分を読み返さないといけない」そうでした。
「へー」、と思いませんか?

隆法先生の本、本屋で立ち読みしてると、ワクワクするけど。買って家で読んでいると、たいしたこと書いてない気もする。
今の実感ですね。
2. Posted by たこなぐり   2013年05月08日 06:00
理論書。ここが素晴らしい。

『太陽の法』p.134  神は愛なり イエスの説法の復元
神はその存在を証明しうるべきものではない。あえて神に似ているものをあげよというならば、それは『愛』である。愛はその存在を何人(なにびと)も証明しえないではないか。何人も証明しえないにもかかわらず、人々は愛の素晴らしさを知っているではないか。そして、愛を手に入れんと努力し、その愛の力を信じているではないか。
信仰とは、そうしたものである。愛の存在を信じる者は、神の存在を信じよ。愛の力を信じる者は、神の力を信じよ。なぜならば、神は愛だからである。見よ、神の子であるわれイエス・キリストは、愛の業(わざ)をなすなり。これ、われがなすにあらず、わが天なる父、わが神、われに来たりて、われにこの業をなさしめるなり。愛を見んとせば、まず、わがなす業を見よ。そこに愛があり、そこに神がある。

暗唱に値すると思いますが、いかがでしょうか?
外国人のキリスト教徒をしびれさせる迫力。
どんな反応そするか見たい。



コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
「やる気」が出るコツ、続くコツ―わかっているけど動けないあなたへ書くだけで人生が変わる嫌なことノート

みんなからの評判・口コミ